家づくり知識|経験豊富な当社にお任せください。

家づくりの流れ

池端住宅建設にお任せ頂いた場合の家づくりの流れをご案内します。

お客様が納得いくまで打ち合わせを重ね、誠心誠意、大切な住宅作りのお手伝いをさせて頂きます。

ご相談・お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。お客様のご要望やライフスタイル・ご予算をお伺いし、資金計画・ライフプラン等を作成し、どのようなお家を建てるのかをおおまかに決めていきます。

敷地調査

限られた土地を最大限に活用するため、日照条件・近隣の状況・建築基準法等を把握するため調査します。

近隣データにより地盤調査も行います。

基本設計・プランのご提案

敷地調査の結果をふまえ、ご予算・ライフスタイルなどお客様のご要望をもとに設計プランをご提案します。

図面・イメージ写真・サンプル等でイメージをカタチにしながら、納得できるまで何度もお打ち合わせします。

実施設計・お見積もり

プランが決定後、具体的な図面を作成し、詳細なお見積もりをご提出します。

工事請負契約

図面・お見積もり等をご承認頂きましたら、発注者、請負者(当社)、工期、請負金額、支払方法等が記載された

「工事請負契約」を交わします。融資の必要な方は金融機関との調整、お手伝いをさせて頂きます。

工事着工

完成までの無事を祈る地鎮祭の後、着工となります。構造体が完成すると上棟式を行います。

建物完成までに設計士・現場監督・大工がお客様と密にお話しさせて頂きますので、どうぞお気軽にご見学ください。

完成・お引き渡し

完成後、社内竣工検査を行い、役所審査合格の後、お客様の立会いのもと新居の完成状態をすみずみまでご確認頂きます。各設備の使用方法や注意点をご説明、問題が無ければお引き渡しとなります。

アフターメンテナンス

当社はお引き渡し後、定期点検に伺います。定期点検はもちろんのこと、万が一のクレームにも迅速に対応していきます。水漏れや機器のトラブルは24時間体制。外壁の塗り替えや設備の交換など、リフォームの相談も随時お受けしております。 建てるだけでなく、その後のお付き合いこそが、本当の意味での「お客様のためにできること」、と思っております。

鬼門・裏鬼門について

鬼門・裏鬼門という言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、中国から伝わった迷信です。

鬼門とは「北東の方位で水廻り、トイレ、玄関、階段、床の間等が凶若しくは不吉」とされている。

同様に鬼門の180゜反転した南西を裏鬼門と言います。鬼門と同じように「水廻り他が凶若しくは不吉」とされています。

鬼門は鬼が出入りする方角、神様が通り抜ける方角等と言われておりますので、清浄の気を保たなければならない。

このようなことは、中国が北東の方向から季節風が吹く為、家の中が不衛生になるということが鬼門の由来とされています。

住宅の性格な方位

平面図にあるベランダ、車庫は除外し、室内の部分を対角線で結びます。その線が交差したところが家の中心になります。

家の出っ張りや欠けている部分は、図1の様に判断します。出っ張っている部分が家の長さの50%以上ならば、そこが出ているというよりも、一部が欠けているとします。逆にかけている部分が50%以上ならば、それは欠けているというよりも、他の部分が出ていると考えます。

2階も同様に行います。

 

北の方位がわかったら、図2のように東西南北の軸より左右22.5゜づつとり、45゜にし区切っていきます。

これで、右回りで北・北東・東・南東・南・南西・西・北西の8方位ができます。

家の中で人の動きが多く、なおかつ火を使う危険な場所なので、台所とは離した方がよい。

真夏に直射日光を受けた石は、夜になったらその熱を放出します。冬には逆に寒気をもたらします。

夏の日当たりがよすぎて、食べ物が腐りやすい。清潔に保てない。

夏は南風が主なので台所を南西におくと、調理の煙や熱気、臭気が家中に廻ってしまう。

〒001-0907 北海道札幌市北区新琴似7条10丁目2-11

TEL.011-769-1101 / FAX.011-769-1102